水道配管の漏水修理は元栓で水を止めてから

蛇口から漏水するケースは、珍しいものではありません。消耗品の部品を交換してあげれば、正常な状態に戻せます。ちょろちょろと漏れてくるケースもありますし、吹き出す状況も考えられますが、応急処置をしてから水道の修理をしなければいけません。

■元栓を締めるところから

家庭内でも水道の排水管 水漏れは起きるリスクがあります。蛇口本体が老朽化して漏れてくるケースは、接続部分を含めて正常な状態に戻さなければいけません。
修理するときには、いろいろと手順が必要ですが、まずは水を遮断する必要が出てきます。家へ水が供給される元を閉めてしまえば、水漏れは必然的に止まりますが、そのためには元栓を閉めなければいけません。どの家庭にも必ず元栓がありますが、水道メーターの内部に設置されているため、普段から気にかけておくと安全です。形状もいろいろとありますが、専用の工具は使わなくてもひねると止められる構造です。
集合住宅の場合には、玄関の横に取り付けられている場合もあります。メーターボックスがわかれば、元栓を見つけるのは簡単です。

■普段から気にしておきたい止水栓

元栓ではなく、止水栓を閉めて修理ができる場合もあります。蛇口の修理の場合も、止水栓がわかれば室内で水を止められます。対応も早くなりますが、普段は使う必要がないため、どこにあるのか設備ごとに確認が大切です。
止水栓は普段は動かすものではないため、固着して回らないケースも出てきます。無理に回すと、止水栓自体を破損して被害を広げるときもあるため、問題がないときに動くかどうか確認しておくといいでしょう。

■まとめ
応急処置をしないで修理作業に入るのは大変危険です。蛇口のパッキンを交換するとしても、水の流れを止める必要があります。あまりに漏水がひどく、どうしたらいいのかわからないときには、元栓を閉めてから修理業者に依頼して処置してもらうといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ