水道配管の修理はだれの責任か

水道のトラブルで使えない状況になると、生活に大きな影響を与えます。精神的にも影響が大きく、修理が必要になりますが、集合住宅の場合には、一体だれに責任があるのかも重要になってきます。費用的な負担も出てくるからです。

■見えない配管の問題

配管から水漏れを起こす状況は、大きな問題です。水が出なかったり水漏れが発生したりすると、正常に使うことができません。理由の多くは老朽化であり、場合によっては交換も必要になります。
自分の持ち家の場合には、自己責任で修理費用も持たなければいけません。集合住宅では共有部分かどうかがポイントで、専有部分は住人が責任を持ちます。建物の老朽化は管理者の責任が大半です。見えないような配管部分は、住人が責任を取ることはできません。建物が老朽化して配管にも及んでいるのなら、管理者が修理などの対応をすることになります。部屋の中などで、住人が修理しなければいけない部分もあります。

■蛇口は消耗品

キッチンの水道の蛇口などは、自分で修理するのが基本です。専有部分となるだけではありません。賃貸住宅の契約書を見ると、蛇口は消耗品として住人が責任を持つといった規定が載せられていることが多いです。住んでいて水道を使用していれば、傷みが生じて修理が必要になる部分です。消耗品としてパッキンなども交換して正常に使える状態で維持する必要が出てきます。
お風呂場のシャワーも同様で、問題が起きれば自分で修理しなければいけません。しかし配管は自分では問題もわかりませんし、壊れることを想定していません。管理者に連絡して修理の手配をしてもらいましょう。

■まとめ
トラブルが起こった箇所が、専有部分か共有部分かが責任の分かれ目になります。境目のはっきりした規定がわからないときには、調べて明確にすることも考えておきましょう。マンションなどは、自分の持ち家であっても、共有部分が存在するので、管理組合や管理会社に問い合わせしてみるべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ