水道もつながる給湯器の修理

日常的にお湯が出るのは便利です。洗いものの汚れも簡単に落とせますし、冬場はあかぎれの心配を軽減できます。お風呂でもすぐにシャワーが使えるなど、給湯器も当たり前の存在になりました。それだけに使えないときには、すぐに修理を考えなければいけません。

■あって当たり前になった給湯器

給湯器にもいろいろな種類があり、ガスを使うもの以外にも電気や石油の力を使うものがあります。水道設備の中でも温めるという機能を持つところが、故障したときの修理のポイントです。
DIYが注目される中で、給湯器 修理も自分でしたいと思うことも出てきます。水道から水を供給している部分から水が漏れている状況なら、パッキンなどの交換で対応可能な場合があります。しかし、内部の部品から水漏れしている場合には、専門の知識がなければ修理することはできません。給湯器には、電気もガスも使われているからです。

■ガスや電気は目に見えない

給湯器の修理がDIYに向かない理由は、目に見えないエネルギーを使う点にあります。電気やガスを使って、水道から供給された水を温めて送り出すのが給湯器の役割です。そのため、修理は専門的な知識を必要とします。電気は水に触れると危険性が高まりますし、ガスを燃焼させている部分に漏水して水がかかれば、不完全燃焼も起こします。見た目で簡単に判断できない場合も出てくるため、危険性が高い部分です。
部品も簡単に手に入れられない場合が出てきます。メーカー専用の部品は、代替品が見つからないこともあります。わずかでも不具合を残せば、修理を繰り返さなければいけなくなります。危険性や手間、確実に使える状況を考えても、専門業者に連絡するのがおすすめです。

■まとめ
給湯器の構造は複雑です。屋外に設置される場合も多いため、老朽化も進みやすい設備ですので、故障個所をはっきりさせるのは簡単ではありません。専門業者であれば、一体どこを修理するべきか判別できますので、問題が起きたときにはすぐに依頼するのが基本です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ