蛇口や水道の接続部の漏水修理

排水管 水漏れにもいろいろな種類があります。大規模に修理しなければいけないケースもありますし、蛇口の消耗品にあたるパッキンの交換で終わる場合もあり、それぞれ方法が異なります。使っているうちに老朽化もするため、本体ごと交換することも考えておかなければいけません。

■パッキンの老朽化と交換

蛇口の漏水の原因は、パッキンの老朽化が大半です。消耗品であり、ゴムでできているため、時間とともに弾力を失います。水に接しているのも原因ですが、弾力が無くなると水を止められなくなり漏水するので修理が必要になります。
蛇口にはパッキンも複数使われており、どこから漏れてきているのかで違いもあります。ハンドル部分から漏れているのか、締めても止まらないのか、それによって交換場所も変わるため注意が必要です。
水道との接続部分にもパッキンが使われており、漏水する可能性があります。蛇口を取り外してみると、ゴムのパッキンが出てきますので、同じサイズのものと交換することで修理できます。

■本体ごとの交換も必要

蛇口の場合、パッキンは経年による劣化で自然と傷みが出ますが、1つ交換すれば他の部分も同様に傷みが出ているということも考えなければいけません。1か所直しても漏水が止まらないのは、複数の原因が隠れているからです。
頻繁に水漏れを起こす場合には、蛇口を配管から取り外し、交換する方法も視野に入れましょう。メンテナンスとしてパッキンなどのゴムの交換は有効ですが、本体の老朽化が進んでいるのであれば、いずれ交換しなければいけません。何度も修理の手間をかけるよりも、交換することでトラブルがなくなるため、効率のいい修理方法になるでしょう。

■まとめ
蛇口や部品の交換は、水道の水を止めて安全な状況を作れば、そこまで難しいものではありません。それでも部品は購入しなければいけませんし、スパナなどの最低限の道具は必要です。修理や交換が難しいと感じたときには、修理業者に依頼する方が安全で確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ